スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回稽古場レポ

こんばんは。

秋花粉にやられていますSTAFF保坂です。
(おかげで稽古場で読み合わせ中にくしゃみを我慢するのに必死…!)

朝・晩は随分と冷え込んでまいりました。
皆様も体調など崩されませんよう、お気をつけくださいませ。



さて!第2回稽古場レポ。

第2回の稽古は、演出補山下亜矢香さんによる加藤美佐さんの抜き稽古からスタートしました。

「抜き稽古」とは、一部のキャストのみで作品の一部分のお稽古をすることです。
加藤さんは高橋作品初参加のため、「idenshi195流」の語りを体得するためのお稽古です。

idenshi195作品の一番の特長は、「生・ライブで上演される朗読」のために、脚本が書かれているということ。
実際に会場で、同じ空間にいる観客の方々の中に画が浮かぶ表現が求められるのです。
作品を観たお客様から「俳優さんが目の前にいて読んでいるはずなのに、聞いてると不思議と別のイメージ画が見えてくるんです。」
という感想をいただくことが多いのですが、そのための脚本・表現方法を追求しているからなのですね。

具体的なお稽古方法は伏せますが(後日、特集する…かも?)
保坂も目を閉じてずっと稽古場で聞いておりました。すると、あら不思議。
次第に高橋作品独特の、イメージが浮かんでいく響きになっていきました。
(ちなみに、私いつも不思議に思うのですが、高橋さんの朗読を聞いたときに「見える映像」って、映画みたいに他の人と同じ画だったりするんです。角度とか色とか!びっくり効果…。)

その後、響きの修正のためのボイストレーニングをみんなで行い、
さらに盛り上がってきたところで、演出の高橋さんにバトンタッチ。

こもだまりさん、音響の坂本さんも合流し稽古場はさらに華やかに^^
idenshi195は作品の特性上、女性がほとんどの座組ですので、休憩中のお菓子コーナーが
本当に盛り上がるのです!(後日特集予定!)



稽古後には、音響打ち合わせも行われました。
idenshi195はこれまで、生演奏とのコラボレーションを行ってきたので、
PAさんによる音と語りを合わせるのは初めての試みですが、
そこは無問題!

大事なのは、語り&世界観との相性。
語りを助け、想像力をかきたて、イメージの世界にいざなってくれるご提案をたくさんいただきました。
実際に語りと音が合わさる日がとても楽しみです!!

みなさまも、楽しみにしていてくださいね。


今日の稽古場風景
2015102819572282c.jpg


こもださんの「防水首かけiPhoneケース」(なんとケースに入れたままタッチ操作可能!)
を操作する加藤さん^^

*****+++++*****


チケットは絶賛発売中です。

ご予約は→こちら
(予約フォームに飛べます)


では、次回の更新もお楽しみに^^


(STAFF保坂)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。