『朗読 原爆詩集』2/17(金)のお知らせ




【2/17金の公演】
19:00開場・受付開始
19:30開演
上演時間は80分を予定しております。途中休憩はございません。
開演後10分ほどは、演出の都合上ご入場いただけません。お時間には余裕をもってお越しください。
※全席自由席です。
※当日券の販売は19:00となります。
本日当日券は10席少々御用意出来ます。

【会場までのご案内①】
経王寺は都営大江戸線「牛込柳町駅」より徒歩1分です。

〔西口〕から出て、坂道をくだった途中にございます。

〔東口〕からは、一度坂道を下り、横断歩道を渡ったあと、坂を上った途中、「YOSHIYA」「サイゼリヤ」の入ったビルの隣にございます。

【会場までのご案内②】
○新宿で大江戸線にお乗り換えの方は「新宿西口駅」
○六本木方面、光が丘方面からお越しの方は「都庁前駅」にて
■飯田橋・両国方面■にお乗り換えください。

【お願い】
会場はお寺の本堂となります。
また上演中は演出の都合上、暖房を切りますため、非常に冷え込みます(特に足元)。
暖かい格好でご来場くださいませ。
※ブランケット等の貸し出しも行いません。予めご了承ください。

スポンサーサイト

拝啓 峠三吉さま

hiroshima01.jpg

原爆詩集を語る。
あなたの作品を「今」を生きる聴き手の心に届ける。
そう決めた時に、わたしが選んだのは「教科書的ではない公演にする」ことでした。

文字情報や、語り手の個人的な思いを伝えるのではありません。
鮮明な情景を聴き手に想起させる工夫をし、会場を焦土に変えます。
そして、上畑正和さんの深く澄み渡る祈りの音で、焦土を包みます。

昨年の夏、3泊4日という短い滞在ではありましたが、わたしの持ちうる想像力を使って、できる限りの取材を行いました。東京に戻ってからも、いくつもの資料をあたりました。
その結果知ったのは、あなたは原爆投下の瞬間、爆心地にいなかったということです。
爆心地から仮救護所である被服廠までを行く体験を持たないあなたも、「想像力」によって原爆投下の爆心地の情景を綴ったのですね。

あなたからわたしたちへ、わたしたちから聴き手の皆さんへ、
本公演は「想像力」というバトンによって、あの日と今を繋ぐひとときとなるでしょう。
キャスト・スタッフ一同、心をこめてあなたの思いを届けます。
見守っていただければ幸いです。

かしこ
2017年1月 高橋郁子
hiroshima01.jpg



峠三吉生誕100年 平和祈念特別公演
朗読 原爆詩集

原作:峠三吉
脚本・演出:高橋郁子

原爆詩集_7320
1945年8月6日。午前8時15分。
28歳の峠三吉は、爆心地から3キロの自宅で被爆。
爆風により負傷しながらも、その足で知人の安否をたずね市内に入り、
涯しない瓦礫と燃えさしの堆積を見た。
知人を救護所に見舞い、
かつて人間の娘だったはずの、それらを見た。
音楽を愛し、童話を愛し、俳句を愛した三吉が、
原爆詩人へと変容せざるをえなかった景色がある。
市井の人々の思いがある。
今、あなたの隣に峠三吉が立つ。
現在とあの日を繋ぐ誘い人として。

生誕100年を翌日に控えた2017年2月18日、
深いピアノの旋律の中、
戦争を知らない世代が語る「言葉の楽譜」による朗読劇。
体感してください。
何もない空間が、想像力によって焦土へと変わる瞬間をーー。
原爆詩集_360
【日時】
2017年02月18日(土)
14:00/18:00
開場と受付は開演の30分前より開始。

【会場】
新宿 経王寺
〒162-0053 新宿区原町1-14
(大江戸線 牛込柳町駅より徒歩1分)
http://www.kyoouji.gr.jp/about/access.html

【料金】
前売3,000円/当日3,500円(全席自由)

【チケット取扱い】
カンフェティ
セブンイレブン発券/支払

電話予約:0120-240-540(平日10:00〜18:00)
カルテットオンライン
チケット予約/当日精算


【お問合せ】
idenshi195制作部
E-mail:info★idenshi195.com(★→@に変更してください)
TEL:080-5090-0195(留守番電話になる場合もあります)
公式サイト http://idenshi195.com


【出演】
麻宮チヒロ
石山千明
池田翔輝
岡田花菜
小野晋太朗
小林茜
児玉華奈
佐藤恵
竹田真季
吉田瑞樹

祁答院雄貴(アクトレインクラブ)
山下亜矢香(アーツビジョン)

美斉津恵友(花組芝居)

ピアノ:上畑正和


【スタッフ】
音 響:木内拓
演出補:山下亜矢香
制 作:保坂藍
衣装協力:竹内陽子
撮影協力:辻村美奈
制作協力:梅屋サム/小島久弥子
プロデュース協力:倉垣吉宏

【公演協力】
アーツビジョン/アクトレインクラブ/演劇集団アクト青山/演劇集団ふらっと/演劇らぼ・狼たちの教室/つきかげ座/ディーカラー/花組芝居/ピースヒロシマ実行委員会/舞台芸術創造機関SAI/こもだまり(昭和精吾事務所)/堤真理子(コスモスペース)/寺脇研/東野醒子(激弾BKYU)/ホンマアキコ

取材協力:土肥幸美/なかにし鈴子/森下弘

後援:経王寺
企画製作:idenshi195

当日券について


The Trial Session vol.1『潮騒の祈り』
おかげさまで満席につき、ご予約の受付を終了しました。
お申し込みいただきました皆さま、ありがとうございました!

早くも「当日券は出ないのか」とのお問合せをいただいております。
(嬉しい悲鳴です!)
どこまでの対応が可能か、現在調整をしているところです。

当日券のご案内ができるかどうかを、本番前日の3月4日(金)のお昼頃に、Twitterアカウント@idenshi195にて発表します。
こちら
ご希望の方はTwitterにご注目くださいませ!

なお、ご要望に沿えるよう努力しておりますが、
スペースの都合上、ご用意ができない場合がございますことを、あらかじめご了承ください。



The Trial Session vol.1
『潮騒の祈り』

語り:柊瑠美、保坂藍、山下亜矢香
音楽:上畑正和
作 :高橋郁子

日時:3月5日(土) Open 14:15/Start 15:00
会場:INTO THE BLUE
  (小田急線町田駅より徒歩3分・JR町田駅より徒歩6分)
   町田市中町1-18-14 きよかわビル4F

TTS『潮騒の祈り』2週間前

冬と春を行ったり来たり。寒暖差が激しい毎日が続きますね。
インフルエンザやウイルス性の風邪が流行っていますので、皆さんお体に気をつけてくださいね。

さて。The Trial Session、略して「TTS」再来週が本番です。
ご予約も日に日に増えて参りました。
お申し込みがこれからの方は、今のうちにお済ませくださいね。

TTS01チラシ

朗読劇『潮騒の祈り』
〜 ピアノの即興演奏とともに贈る、母と娘、海と命の物語 〜

日時:2016年3月5日(土)
   Open 14:15/Start 15:00

会場:INTO THE BLUE
(小田急線 町田駅より徒歩3分、JR町田駅より徒歩6分)
町田市中町1-18-14 きよかわビル4F

料金:3,000円+ドリンク代


ご予約は以下メールアドレスにて承ります。
yoyaku★idenshi195.com(★→@)

※ご予約のない場合、ご入場いただけない可能性があります。
※メールの返信をもってご予約完了となります。

公式サイト→こちら


The Trial Session Vol.1 潮騒の祈り

言葉の楽譜を気軽に体感していただくために立ち上げたプロジェクト、The Trial Session
記念すべき第1回は、好評をいただき繰り返し再演を続けている、オリジナル朗読劇『潮騒の祈り』をお届けします。

語り手は、
2014年12月「潮騒の祈り」で主役をつとめあげた柊瑠美さん。
出演は初めてながら、言葉の楽譜について熟知している保坂藍さん。
2005年、2011年の本公演では主役を、そしてidenshi195では演出補もつとめた山下亜矢香さんが、久々に高橋作品に出演です!

音楽も前回に続いて、上畑正和さんに参加していただきます。

場所が町田と、少し都心から離れていますが、これには大切な理由があります。
音楽だけでなく、会場そのものとコラボレーションするのが狙いです。
内容を知っている方は足を踏み入れた瞬間に、
初めての方は、物語の進行とともに「あっ!」とお気づきになることでしょう。
ご来場をお待ちしております!



朗読劇『潮騒の祈り』
〜 ピアノの即興演奏とともに贈る、母と娘、海と命の物語 〜

日時:2016年3月5日(土)
   Open 14:15/Start 15:00

会場:INTO THE BLUE(小田急線 町田駅より徒歩3分)

料金:3,000円+ドリンク代

ご予約は以下メールアドレスにて承ります。
yoyaku★idenshi195.com(★→@)

※ご予約のない場合、ご入場いただけない可能性があります。
※メールの返信をもってご予約完了となります。

客席が40席ほどのため、早めのご予約をおすすめいたします。


公式サイト→こちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。